ベジタブルオイルカー修理、円<縁

HPの冒頭にも記載されてますが、うちの車は植物油で走ることもできる軽油とハイブリットのVOC(ベジタブルオイルカー)です。

先月の末頃から、エア噛みといって、燃料にどこかから空気が混入して、正常な動作ができない症状がでてました。

早速、車をVOC化してくれた、和歌山県海南市の満月屋さんに連絡。

とにかく燃料ホースのどこかに緩みがないか確認!

とのことだったので、探すとホースに穴が!

上が植物油のホース、下が軽油のホースで、軽油のホースと植物油のホースを統合して

分岐させる弁との締め付け部分を外すと、その締め付け金具の下に穴が!

よぉし!原因はこれや!と早速ホースを交換、、、

でも一向に良くならない、他の箇所も点検してみるが原因わからず、

ということで、直接満月屋さんに園部まで来てもらいました。

近くの自動車工場の、本当にありがたいご協力をいただいて、車をリフトで

持ち上げて、まだ調べられてない軽油のタンク周辺に異常がないか調査。

すると、流石は100台以上の施工を誇る満月屋さん、直ぐに「ここが詰まってる」といって、軽油の燃料タンクからエンジンにいくまでの間の、鉄のパイプを指摘。

パイプに口をつけて息を吹くと、詰まってる!

よぉし!ここさえ洗浄すれば!と洗浄、、、、

っでもダメ!色々点検すると、軽油タンクの吸気口と、軽油の燃料フィルターの詰まりが原因だ、ということで、時間も無かったので、満月屋さんに持ち帰ってもらって整備と部品交換してもらいました。

ちなみに、これはその時貸してもらった代車のVOC、、、

なにこれカッコええ!

横にちょこんと写ってる嫁すらも美化してしまう格好良さ!

日産車ですが、今の日本車にはない、骨太感があります。

ちなみに、満月屋さんは販売もされてるので、この車に興味のある方はご連絡いただければ繋げます、そんなに高くないみたいですよ。

でもって、整備が終わった車を、海南市まで引き取りに行ってきました!

満月屋さんとウチの家族、二台のVOCと一緒に記念写真!

そのあと、満月屋さんの本職(副職?)である神職のお宮、海南市の加茂神社に、交通安全と車安全の祈願をしに行きました!

VOCユーザーなら一度は訪れたい、ご利益必定のお宮ですよ!

ここでお参りしておけば、VOCの故障は激減!(するはず)

最初、VOCに乗ろうと思ったきっかけは、リサイクルとカーボンニュートラルによる環境効果も勿論ありますが、0円で燃料が手に入るという経済効果を期待して導入を決意しました。

ですが、油を集めるのも中々大変で、一ヶ月分の油を集めるのに今は1日回収に回ってる状態、しかもまだその後濾過・精製作業もあり、油のクオリティも季節の食材によってまちまち、そしてこういう整備作業は、普通の石油車に比べるとどうしても手間とお金がかかり、維持・ランニングコストはあまり変わらないかもしれません。

ですが、決してこの車に乗るのをやめようとは思いません、何故なら、こんなに車の業者さんと親しくなれることはなかったし、車に対してこんなに愛情をもったこともなかった。

車を走らせるための燃料集めに、色々な人に連絡し、協力してもらい、燃料を集める度に人の輪が広く強くなっていく、車を乗るだけで、こんなに人の輪が広がっていくことなかった。

ではなく、で走っている車

維持、ランニングコストが同じなら、よりが増える車の方が、『非常に良い!』これからも、どんどん縁を広げて強くしていきたいと思います!

「ディ・モールト!(非常に)ディ・モールト、良いぞ!」JC54

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    猿人 (月曜日, 21 3月 2016 01:07)

    正に、ビューティエンジン!

    広がると嬉しい限り!

  • #2

    Kalyn Hammaker (金曜日, 03 2月 2017 04:31)


    I every time spent my half an hour to read this website's content all the time along with a mug of coffee.